失敗しない

家づくりのポイント

失敗しない家づくりのポイント

家を建てるということは、一生のうちに何度もあることではありません。
デザインやスタイルにこだわりたい、間取りにもこだわりたい!でも決められた予算の中でできるのかな?不安なことは沢山あります。
ここでは、家づくりの際に押さえておきたいポイントをご紹介いたします。
注文住宅を建てるなら、岐阜県中津川市の住まいショップへご相談ください。

資金計画で失敗?

旅行にも行けずローンを払うだけの生活になってしまった

予算オーバーで仕事を増やすことになってしまった

返済できなくなってせっかく建てた家を売ることになってしまった

資金計画で失敗すると、こんなに恐ろしいことが起こってしまいます。

ここでは、「失敗しない家づくりのポイント」の中でも一番重要といえるポイント、「失敗しない資金計画」についてお話します。

まずは住まいの購入予算を決めよう

として考えがちですが、

 

 

 

 

 

 

このように、購入予算を出してから、土地や建物を考えていくことで、予算が足りなくなって、計画の見直しが必要になるようなことはありません。

では住まいの購入予算の出し方から説明をしていきます。

今の生活の中で無理なく返せる額を知ろう

 

 

 

 

住まいの購入予算を出すためにはまず“住宅ローンで借りることが出来る金額”を知る必要がありますね。

これには2つの意味があります。

1つは「金融機関がいくら貸してくれるか?」、もう1つは「今の生活の中で無理なく返せる額はいくらか?」です。

まずは年収に対する年間返済可能額を算出してみましょう。

年間返済額は年収の35%以内が適正といわれています。

年  収

400万円未満

400万円以上

総返済負担率

30%

35%

 

 

 

 

年収が500万円の場合

 

年間の支払限度額は

 

 

月々の支払限度額は

 

 

次に、各金融機関が出している100万円あたりの毎月返済額を参考に、ローン借入可能額を算出します。

毎月の返済額から借入可能金額を計算する

例えば、月々の支払い額を14万円とし、融資金利を1.46%としたとします。

返済期間は35年で元利均等とした場合、借入可能額(概算)は4,601万円となります。

これに「自己資金」を足した額が住まいの購入予算となります。

ここで出た金額はあくまで「上限」です。ライフプランにおいて旅行や老後のお金、車のローン、趣味など様々な予算がありますね。

人生全体の資金計画も一緒に見直していけるとより良い家づくり、ライフプランをつくることができます。

諸費用は約200万円

諸費用には、建築工事とは別に必要となる住宅ローンの手数料、火災保険、建築確認の取得、登記などの行政費用や、水道などの給水分担金などが考えられます。

建築工事以外の諸費用の目安

建築確認、地盤調査等

80万円

登記費用、不動産取得税

50万円

火災保険、ローン手数料等

80万円

地鎮祭、上棟式、引越等

20万円

合   計

約230万円

 

 

 

 

 

 

 

 

自己資金の理想は住まい購入金額の20%

自己資金は目安として、住まい購入金額の20%と言われています。
住まい購入金額4,000万円なら800万円ですね。
住宅ローンによっては、建築費(土地+建物)の90%まで融資してくれるもの、頭金なしで借りられるものもありますが、住宅ローンの10%を出すことで、金利が下がる制度もありますので、自己資金を用意することは大切です。
また万一の生活費や修繕費などを手元に残しておくことも必要です。

もっと詳しく知りたい方は、お気軽に住まいショップへお問い合わせください!

土地探しで失敗?

お客様の価値観やこだわりをどのようにかたちにしていくか

静かなところだと思ったら近くに学校があってにぎやかだった(土日しか下見に行っていない)

土地の面積が思ったより広く、庭の手入れが行き届かない

 

近所付き合いが難しい

 

資金計画をしておおよその土地に掛けられる予算を決定したら、いよいよ土地探しです。
家づくりをする上で、土地はとても重要です。
後悔のない家づくりをするための土地探しのコツをお話しします。

優先順位を決めて進めていけば意外に簡単♪

ライフスタイルを考え、校区や塾に近い場所の土地を探す方、資金と相談して家に掛ける資金を第一に土地を探す方、眺望が良い場所、 山々を近くに感じる場所など環境を第一に考えて土地を探す方など土地一つとってみても、様々なお客様がいます。
まずは優先順位をつけることが大切です。
例えば、「とにかく4月までに家をつくりたい!」そんな優先順位もありますね。
ご家族と話し合い、一番良い優先順位を見つけてください。

地盤補強で予算がオーバーする?

希望の土地が見つかって、いざ家を建てよう!と思ったら地盤で引っかかった!なんて話はよく耳にしますよね。
資金計画で「土地は600万まで」と決めていたとしても、いざ土地を調べてみたら地盤補強が必要で、100万ほど予算オーバーしたなど、 家づくりのはじめに引っかかる方が多いのもこの地盤調査、地盤の補強ではないでしょうか。
土地はそれぞれ個別な事情を抱えているものが多く、立地や価格の条件が良いのに、地盤補強が必要であったり、 ほかにも、がけ条例、日照権など、家を建てる為の条件や情報は沢山あり、それをお客様個人で把握するのは大変です。
まずは地盤補強も視野にいれた資金計画を立てることが大切です。

地盤補強に必要な金額の目安はだいたい30~150万円

 

土地のプロに相談するのが一番の早道!

土地探しでは、何より「情報」が大切です。
環境も価格も良いけど、ご近所付き合いってどうなんだろう…。昔田んぼだったところだとちょっと地盤が心配だなぁ。 などなど、色々知りたいけれど、調べている間に予約済になってしまうこともありますね。
まずはお気軽に住まいショップ姉妹店の不動産ショップにご相談ください。
まだ買うと決めていない段階で大丈夫です。
その土地が、その不動産屋さんの名前になっていなくても土地の管理者まで繋げてくれることもあります。
より良い土地が見つかったら、次は間取りのコツをお話しします。

間取りで失敗?

寝室の前に生活道路があり車の音が気になった

大きな窓を入れたら部屋の暑さ、寒さの原因になってしまった

 

リビング階段にしたらリビングで寛げなくなった

 

家づくりのお打合せをお客様としていくと、一番ワクワクと楽しく、また最後まで悩むのが「間取り」ですね。
間取りは、家づくりの要と言っても良いくらい重要です。
そして間取りとは、お客様の理想と、暮らしやすさを決めるポイントが沢山織り込まれた計画書とも言えます。
そのポイントを押さえておくことで、失敗のない間取りをつくることができるでしょう。
ここでは、家づくりの専門家として、押さえておくべきポイントのお話をさせて頂きたいと思います。

採光と風通りを考えた間取り

自然の光が沢山入る明るいリビング、風通りが良い家を希望されるお客様が一番多くみえます。
お部屋が暗くて、風もほとんど通らない家が良いという方はあまりいらっしゃいません。

しかし、最近では省エネ基準が引き上げられる動きもあり、エアコンありきで考えられた高密度な住まいも多くあります。

例えば風も光も入るけど、夏の暑さや冬の寒さも防げない家ではいけませんし、省エネ住宅にしたいのにエアコン代が高くなりすぎる家でもいけません。
軒を長くとった家なら、窓が大きくても陽射しを防げます。
断熱材をしっかりと入れた家なら夏は涼しく、冬は暖かい家になります。
間取りを考える中で「採光」、「風通り」を考え、その家の向きにより屋根の軒なども考えることができます。
そのことから、住まいショップがまず一番初めに行うのが「敷地調査」。家の向き、風の動き、陽のあたりかたから、より良い間取りを設計していきます。

ライフスタイルを考えた間取り

次に重要なのが住む人のライフスタイルです。
お母さんは、夜洗濯物を干して、朝から夕方までは仕事に行く人なのかもしれませんし、専業主婦として朝早くから洗濯機を回し、昼間はずっと家にいる人かもしれません。
お父さんは、夜帰ってくるから玄関の側に寝室があった方が暮らしやすいかもしれません。
住む人ごとの一日の動きから、暮らしやすい間取りを生み出していきます。

ライフステージを考えた間取り

例えば新築当時、ご夫婦が30代、お子さんが小学生だったとします。
20年後、お子さんは大学へ、ご夫婦は50代、おじいちゃん、おばあちゃんと同居になるかもしれません。
そして20年後、今度はご夫婦が高齢になり、お子さんがお嫁さんをつれて戻ってくるかもしれません。
その時、ちょっとリフォームするだけで暮らしやすい間取りに変身できるようにはじめから考えてあれば、後から「どうしよう!」ということも少なくて済みますね。
しかし、全部を賄うことは大変です。

まずは何が重要かをしっかりと定めてから、間取りを作っていくとスムーズに進みます。

何より重要なのは、「ご家族との話し合い」。
この機会に、「家族会議」を開いて、みんなの暮らしやすい家を見つけてみませんか。

リフォームで失敗?

窓をリフォームしたらその周りの壁紙も替えなくてはならなかった

リフォームなのに新築と同じくらい予算が掛かった

 

思い通りにならなかった

 

みなさんの本音は「住み心地で家を選びたい。」ではないでしょうか。

しかしやっぱり、家を建てて住んでみないと住み心地はわかりません。
だからこそ、「どうしたら住み心地が良い家になるか」をできるだけ知り、とり入れていくことで、「思った通り、夏は涼しくて、冬は暖かくて、動きやすい間取りの住み心地の良い家になった」となるのではないでしょうか。
ここでは、家づくりのポイントの最後のまとめとして、住み心地を研究し、住み心地を求めるあまり不必要なリフォームをしてしまわなくても良いように、必要なリフォームについてご提案していきたいと思います。

住み心地を良くする5つのポイント

自然の光が沢山入る明るいリビング、風通りが良い家を希望されるお客様が一番多くみえます。
お部屋が暗くて、風もほとんど通らない家が良いという方はあまりいらっしゃいません。 しかし、最近では省エネ基準が引き上げられる動きもあり、エアコンありきで考えられた高密度な住まいも多くあります。 例えば風も光も入るけど、夏の暑さや冬の寒さも防げない家ではいけませんし、省エネ住宅にしたいのにエアコン代が高くなりすぎる家でもいけません。
軒を長くとった家なら、窓が大きくても陽射しを防げます。
断熱材をしっかりと入れた家なら夏は涼しく、冬は暖かい家になります。
間取りを考える中で「採光」、「風通り」を考え、その家の向きにより屋根の軒なども考えることができます。
そのことから、住まいショップがまず一番初めに行うのが「敷地調査」。家の向き、風の動き、陽のあたりかたから、より良い間取りを設計していきます。

  毎月の支払可能限度額よりも余裕を持った資金計画

住んでからもトラブルのない土地を選ぶ

部屋ごとの温度差が少なく、夏の暑さを防ぎ、冷房の効きが良く、 冬は暖房の熱を逃さず、外の寒さを入れない、気密性と断熱性能の良い家にする

様々なことを想定した間取りを設計する

光熱費が高くなりすぎないよう最初から真剣に考えた家にする

住み心地を良くするポイントのうち、今回は5の「光熱費」についてお話します。

光熱費の高い家とは

せっかく建てた家だけど思ったより光熱費が掛かる、電気代が高くなったという場合があります。
例えば、オール電化住宅にして、深夜電力を有効活用しようと思っていたけれど、昼間に想定よりも沢山電気を使ってしまったり、 デザイン重視で照明器具をLEDではなく白熱球のダウンライトにして沢山つけたり、そうすると電気代は高くつきます。
また窓を少なくして、気密性を考えたけど、エアコンや冷暖房をつけ続けなければならないというのも光熱費の無駄を作りますね。

エネルギーゼロを目指す太陽光発電を10kw以上載せたような電気を自分で作る住宅がこれからどんどん増えていきます。

しかし今後も電気料金の値上げは懸念されるため、将来的に光熱費がますます家計の負担となる可能性もあります。
「できるだけ光熱費を抑えられる家づくり」を、家をつくるときにはしっかりと考える必要があるといえるでしょう。
1年間に掛かる光熱費が20万円以上と言われている現在、ランニングコストを低くできれば、様々な場面で人生を豊かにしていくことができます。

リフォームが必要な時期とは

新築住宅とリフォームを全くの別物として考えてしまうことがありますが、新築したものは、いつかはリフォームしなければならないと考えていても良いくらい、密接な関係があります。
まず新築をして一番はじめに必要となるのが「水まわり」のリフォームではないでしょうか。
エアコンや冷蔵庫など「白物家電」と呼ばれる設備が10年ほどで買い替え時期を迎えるのと同じように、トイレ、お風呂、キッチンなどの設備は日々傷んできてしまいます。

とくに水が流れていくパイプ、引き上げるパイプなどの亀裂による水漏れ、お風呂のパッキンの劣化による水漏れ、タンクのあるトイレではタンクへの引き上げのパイプに亀裂が入る場合もあります。

水まわりは「新築時から15年」を目安に、リフォームも視野に入れた点検・メンテナンスを工務店に依頼し、必要があればまとめて買い替えがお得です。
住まいショップはLIXILのリフォームショップも併設していますので、水まわりのリフォームならお得にご相談していただくことができます。

詳しくは新築も・リフォームもLIXILの充実設備で安心ページへ

リフォームをするタイミング

お風呂が寒い、脱衣所との温度差が気になる、トイレが掃除しても臭いが取れない、床がベコベコしている等、リフォームをしようかな?と思うキッカケは様々です。
でも大抵の方は「自分がちょっと我慢すればいいか」とリフォームを思い留まってしまうもの。
この「我慢」が積み重ると「住み心地の良い家」ではなくなってしまうのです。
リフォームの目安は以下の通り。
そろそろかな?と思ったらお気軽に住まいショップまでお問い合わせください。

リフォーム時期目安表

 

キッチン・台所

メンテナンス・取り替え時期

10~20年

不具合

扉のたてつけ不良 コンロの点火不良 水漏れ など

 

バスルーム・お風呂・浴槽

メンテナンス・取り替え時期

10~15年

不具合

水栓不良 タイルのひび パッキンの劣化 水漏れ など

 

トイレ・便器

メンテナンス・取り替え時期

10~20年

不具合

水栓不良 便器やタンクの水漏れ 破損 汚れ など

 

洗面所

メンテナンス・取り替え時期

10~20年

不具合

ガラスの破損 手洗い場の破損 水漏れ など

 

リビング・居室のドア

メンテナンス・取り替え時期

15~20年

不具合

ドアのたてつけ 破損 床のキズ など

 

屋根・外壁

メンテナンス・取り替え時期

10~20年

不具合

雨漏り ひび割れ 色落ち チョーキング

 

内装クロス

メンテナンス・取り替え時期

10~20年

不具合

雨漏り ひび割れ 色落ち チョーキング

その他間取り編でも少しお話しましたが、ライフステージによって変わるライフスタイルに応じたリフォームもあります。

まずは5年で点検を!

新築5年目になると、住まいの小さな部分の破損や汚れが目立ってきます。
早めのメンテナンスで、その後のリフォームが変わる大切な時期です。以下のようなメンテナンスを必要に応じて行いますので、まずはお近くの工務店に点検をご依頼してください。

  • ■建具のたてつけ直し
  • ■給排水管の配管クリーニング
  • ■外壁の清掃
  • ■コーキング
  • ■クロスの張替
  • ■木部の塗装