中津川市、恵那市で家を建てるなら宮島建設の住まいショップ

中津川市で注文住宅を建てるなら宮島建設住まいショップトップページ  >  間取り編 -失敗しない家づくりのポイント

間取りで失敗?

寝室の前に
生活道路があり
車の音が気になった

大きな窓を入れたら
部屋の暑さ、寒さの
原因になってしまった

リビング階段にしたら
リビングで
寛げなくなった

家づくりのお打合せをお客様としていくと、一番ワクワクと楽しく、また最後まで悩むのが「間取り」ですね。
間取りは、家づくりの要と言っても良いくらい重要です。
そして間取りとは、お客様の理想と、暮らしやすさを決めるポイントが沢山織り込まれた計画書とも言えます。
そのポイントを押さえておくことで、失敗のない間取りをつくることができるでしょう。
ここでは、家づくりの専門家として、押さえておくべきポイントのお話をさせて頂きたいと思います。

採光と風通りを考えた間取り

自然の光が沢山入る明るいリビング、風通りが良い家を希望されるお客様が一番多くみえます。
お部屋が暗くて、風もほとんど通らない家が良いという方はあまりいらっしゃいません。 しかし、最近では省エネ基準が引き上げられる動きもあり、エアコンありきで考えられた高密度な住まいも多くあります。 例えば風も光も入るけど、夏の暑さや冬の寒さも防げない家ではいけませんし、省エネ住宅にしたいのにエアコン代が高くなりすぎる家でもいけません。
軒を長くとった家なら、窓が大きくても陽射しを防げます。
断熱材をしっかりと入れた家なら夏は涼しく、冬は暖かい家になります。
間取りを考える中で「採光」、「風通り」を考え、その家の向きにより屋根の軒なども考えることができます。
そのことから、住まいショップがまず一番初めに行うのが「敷地調査」。家の向き、風の動き、陽のあたりかたから、より良い間取りを設計していきます。

ライフスタイルを考えた間取り

次に重要なのが住む人のライフスタイルです。
お母さんは、夜洗濯物を干して、朝から夕方までは仕事に行く人なのかもしれませんし、専業主婦として朝早くから洗濯機を回し、昼間はずっと家にいる人かもしれません。
お父さんは、夜帰ってくるから玄関の側に寝室があった方が暮らしやすいかもしれません。
住む人ごとの一日の動きから、暮らしやすい間取りを生み出していきます。

ライフステージを考えた間取り

例えば新築当時、ご夫婦が30代、お子さんが小学生だったとします。
20年後、お子さんは大学へ、ご夫婦は50代、おじいちゃん、おばあちゃんと同居になるかもしれません。
そして20年後、今度はご夫婦が高齢になり、お子さんがお嫁さんをつれて戻ってくるかもしれません。
その時、ちょっとリフォームするだけで暮らしやすい間取りに変身できるようにはじめから考えてあれば、後から「どうしよう!」ということも少なくて済みますね。
しかし、全部を賄うことは大変です。まずは何が重要かをしっかりと定めてから、間取りを作っていくとスムーズに進みます。

何より重要なのは、「ご家族との話し合い」。
この機会に、「家族会議」を開いて、みんなの暮らしやすい家を見つけてみませんか。