中津川市、恵那市で家を建てるなら宮島建設の住まいショップ

中津川市で注文住宅を建てるなら宮島建設住まいショップトップページ  >  強さが違うから安心と快適がずっと続く

強さが違うから安心と快適がずっと続く

住まいショップの家では厳しい構造計算による詳細な判定基準を採用した家づくりを行っています。
構造計算とは、建物にかかる、地震の衝撃や地域ごとの風の強さ、積雪量などを計算し、それらに耐えられる十分な強さが有るかを、柱や梁や土台などの数百におよぶ木材について確かめることをいいます。
構造計算はもともと、2階以下の住宅には義務付けられていません。
では、なぜ手間をかけて構造計算をするのかご説明していきます。

壁の強さが違うから、地震や風圧にも負けません

住まいショップの家

地盤の強さや建設地ごとの地震・強風・積雪などの条件から家への負担を計算して十分な壁の量・強さを確保します。

簡易的な基準でつくられた家

地震や強風に対し、全国一律の割合で家への負担を計算し、壁の量や強さが足りているかを判定します。
この判定方法でOKでも構造計算で確かめるとほとんどの場合でNGという結果が出るので、あくまで最低限の基準といえます。

壁の配置バランスが違います ねじれに強い

建物を支える壁。その中でも、地震や強風など、横からの力に耐えるための重要な部材を「耐力壁」といいます。
耐力壁の配置バランスは地震や強風の揺れによる「ねじれ」に影響します。

住まいショップの家

建物の重さ・壁の強さと位置から建物にねじれが発生しにくい最も良い配置バランスを計算します。

簡易的な基準でつくられた家

建物外壁近くの限られた範囲のみ、バランスをチェックします。
建物の中心付近の範囲は、チェックの対象外となるため、チェックが行われないことも。

構造材の強さが違うから
想定された荷重に十分耐えられます

住まいの自重や地震・台風・積雪などによって、柱や梁、土台には大きな力が加わります。
建物を支える重要な役割の部材ですから、しっかりしたもので建てたいですよね。

住まいショップの家

柱や梁など全ての構造材にかかる力を計算して、大き過ぎず、小さすぎず、最適サイズにします。
また、ソーラーパネルの設置予定が無くても将来を考えて重さを考慮した計算になっています。 

簡易的な基準でつくられた家

柱の太さは、長さに応じた一律のサイズ基準でチェックします。
梁は一般的には強さを決めるパターン表でサイズを決定します。
土台に対しては特にサイズの基準はなく、場合によっては柱がめり込んでしまう事もあります。

基礎の強さが違うから、家全体を支えられます

基礎は建物の重さを支える非常に重要な部位です。

住まいショップの家

建物の大きさや地域ごとの風の強さや積雪などの条件によって基礎に伝わる重さは異なります。
そのためそれらの条件に合うよう、基礎の各部が支える重さを計算し、サイズ、鉄筋の量など決定します。こうすることで、十分な強さを確保することができます。

簡易的な基準でつくられた家

全国一律の寸法や材料の基準で基礎を決定しています。

構造計算をするから雪の重さにも耐えられます

雪の重さをキチンと考慮した構造計算で、積雪があっても安心。

住まいショップの家

雪の重さは一般地でおよそ像1頭分、積雪地なら象3頭分に相当します。(1頭約4,000kgで換算)
雪の重さに耐えられるのはもちろんのこと、雪が積もった状態で地震や強風に耐えられるかもチェックします。

簡易的な基準でつくられた家

積雪の基準は特にないため考慮されていない場合があります。
つまり十分な雪の重さへの対策がされていないということになります。
構造計算で確かめると、ほとんどの場合でNGという結果が出ます。

強さの診断書「構造カルテ」があるからずっと安心です

雪の重さをキチンと考慮した構造計算で、積雪があっても安心。

住まいショップの家

「詳細な判定基準」、すなわち「構造計算」を行うことは診断に例えると、一人一人をしっかり診察する「人間ドック」と言えます。
どのような予防や治療が必要かを判断し、必要な処置を行うため家の健康を長期間保つことができます。

簡易的な基準でつくられた家

「簡易的な判定基準」は診断に例えると、画一的な内容で行われる事が多い「集団検診」と言えます。
大勢の人を公平に検診できる反面、一人一人に合った診断ではないため、ずっと健康を保つには十分とは言えません。

構造カルテについて詳しく見る 》