中津川市、恵那市で家を建てるなら宮島建設の住まいショップ

中津川市で注文住宅を建てるなら宮島建設住まいショップトップページ  >  長寿命な家だからこの先もずっと安心

長寿命な家だからこの先もずっと安心

住まいショップの家は標準仕様で長期優良住宅の認定基準をクリアしています。
(間取りによっては長期優良住宅にならない場合があります。
長期優良住宅とは、「良いものを長く使うという考えに基づき、政府が普及促進している長持ちする住宅のことです。
※追加オプションにて、「長期優良住宅」の「申請」と行政の「認定」を受けることができます。(別途費用がかかります。)

耐震性能が違うから地震が心配な中津川市でも大丈夫!

住まいショップの家

震度6弱まで損傷せず、震度7の1.25倍で倒れることはありません。たとえ損傷があっても修復可能なレベルの耐震性能を装備しています。

一般的な家

震度5強まで損傷せず、震度6強~7で倒壊しない。
倒壊はしないが損傷した場合は修復が難しいレベルの耐震性能です。

【参考】 震度5強 長野県神城断層地震 白馬村(2014年11月)
震度6弱 長野県神城断層地震 小谷村(2014年11月)
震度7  東日本大震災(2011年)、阪神淡路大震災(1995年)

省エネ性能が違うからずっと快適

住まいショップの家

省エネルギー基準を上回る性能で建てられ、過ごしやすさや光熱費に差が出ます。
健康面でも省エネ性能の高い家は病気になりにくいという統計結果もでています。

一般的な家

一般的には、平成4年の基準(新省エネ)、又は平成11年の基準(次世代省エネ)、が採用されています。これらの基準は、現在の省エネ基準と比べると物足りない性能になってしまいます。
※省エネルギー基準は義務化されていない為、古い基準でも法律違反ではありませんが、2020年までに段階的に義務化される予定です。

 住まいショップの家一般的な家
必要な
エアコン台数

2台

4台

年間の
冷暖房費

6万円

14万円

100年住める家だから孫も安心

住まいショップの家

建物の構造部は100年程度住まうことを想定した造りになてっいるため、数世代にわたり住むことができます。

一般的な家

日本の住宅の寿命は平均30年程度と言われています。イギリスの平均77年、アメリカの平均55年に比べるとかなり短いことがわかります。

メンテナンス性も考えた家だから設備も心配ありません

住まいショップの家

設備の掃除や点検がカンタンに出来るような工夫をしています!
お引渡時に住まいのお取り扱い説明とお手入れ方法の説明をいたします。

一般的な家

毎日使う設備は建物より寿命が短いので、点検のための配慮が重要です。
しかし設備については明確な基準がないため、配慮の点は各社の基準により様々です。配慮がされていない場合には「設備機器配管の接合部分を点検出来ない」なんてことが起こる恐れもあります。

税制が優遇される家だからお財布も助かる

長期優良住宅は一般住宅より大きな減税措置が受けられ優遇されます。
※行政による長期優良住宅の認定が必要です。
住宅ローン減税
登録免許税
不動産取得税
固定資産税
贈与税の非課税 等の税金で優遇されます。