中津川市、恵那市で家を建てるなら宮島建設の住まいショップ

中津川市で注文住宅を建てるなら宮島建設住まいショップトップページ  >  住み心地とリフォーム編 -失敗しない家づくりのポイント

リフォームで失敗?

窓をリフォームしたら
その周りの壁紙も
替えなくてはならなかった

リフォームなのに
新築と同じくらい
予算が掛かった

思い通りに
ならなかった

みなさんの本音は「住み心地で家を選びたい。」ではないでしょうか。しかしやっぱり、家を建てて住んでみないと住み心地はわかりません。
だからこそ、「どうしたら住み心地が良い家になるか」をできるだけ知り、とり入れていくことで、「思った通り、夏は涼しくて、冬は暖かくて、動きやすい間取りの住み心地の良い家になった」となるのではないでしょうか。
ここでは、家づくりのポイントの最後のまとめとして、住み心地を研究し、住み心地を求めるあまり不必要なリフォームをしてしまわなくても良いように、必要なリフォームについてご提案していきたいと思います。

住み心地を良くする5つのポイント

自然の光が沢山入る明るいリビング、風通りが良い家を希望されるお客様が一番多くみえます。
お部屋が暗くて、風もほとんど通らない家が良いという方はあまりいらっしゃいません。 しかし、最近では省エネ基準が引き上げられる動きもあり、エアコンありきで考えられた高密度な住まいも多くあります。 例えば風も光も入るけど、夏の暑さや冬の寒さも防げない家ではいけませんし、省エネ住宅にしたいのにエアコン代が高くなりすぎる家でもいけません。
軒を長くとった家なら、窓が大きくても陽射しを防げます。
断熱材をしっかりと入れた家なら夏は涼しく、冬は暖かい家になります。
間取りを考える中で「採光」、「風通り」を考え、その家の向きにより屋根の軒なども考えることができます。
そのことから、住まいショップがまず一番初めに行うのが「敷地調査」。家の向き、風の動き、陽のあたりかたから、より良い間取りを設計していきます。

毎月の支払可能限度額よりも余裕を持った資金計画

詳しくは家づくりのポイント資金計画編 》

住んでからもトラブルのない土地を選ぶ

詳しくは家づくりのポイント土地探し編 》

部屋ごとの温度差が少なく、夏の暑さを防ぎ、冷房の効きが良く、 冬は暖房の熱を逃さず、外の寒さを入れない、気密性と断熱性能の良い家にする

詳しくは省エネ基準と断熱仕様へ 》

様々なことを想定した間取りを設計する

詳しくは家づくりポイント間取り編 》

光熱費が高くなりすぎないよう最初から真剣に考えた家にする

 
住み心地を良くするポイントのうち、今回は5の「光熱費」についてお話します。

光熱費の高い家とは

せっかく建てた家だけど思ったより光熱費が掛かる、電気代が高くなったという場合があります。
例えば、オール電化住宅にして、深夜電力を有効活用しようと思っていたけれど、昼間に想定よりも沢山電気を使ってしまったり、 デザイン重視で照明器具をLEDではなく白熱球のダウンライトにして沢山つけたり、そうすると電気代は高くつきます。
また窓を少なくして、気密性を考えたけど、エアコンや冷暖房をつけ続けなければならないというのも光熱費の無駄を作りますね。

エネルギーゼロを目指す太陽光発電を10kw以上載せたような電気を自分で作る住宅がこれからどんどん増えていきます。 しかし今後も電気料金の値上げは懸念されるため、将来的に光熱費がますます家計の負担となる可能性もあります。
「できるだけ光熱費を抑えられる家づくり」を、家をつくるときにはしっかりと考える必要があるといえるでしょう。
1年間に掛かる光熱費が20万円以上と言われている現在、ランニングコストを低くできれば、様々な場面で人生を豊かにしていくことができます。

リフォームが必要な時期とは

新築住宅とリフォームを全くの別物として考えてしまうことがありますが、新築したものは、いつかはリフォームしなければならないと考えていても良いくらい、密接な関係があります。
まず新築をして一番はじめに必要となるのが「水まわり」のリフォームではないでしょうか。
エアコンや冷蔵庫など「白物家電」と呼ばれる設備が10年ほどで買い替え時期を迎えるのと同じように、トイレ、お風呂、キッチンなどの設備は日々傷んできてしまいます。 とくに水が流れていくパイプ、引き上げるパイプなどの亀裂による水漏れ、お風呂のパッキンの劣化による水漏れ、タンクのあるトイレではタンクへの引き上げのパイプに亀裂が入る場合もあります。

水まわりは「新築時から15年」を目安に、リフォームも視野に入れた点検・メンテナンスを工務店に依頼し、必要があればまとめて買い替えがお得です。
住まいショップはLIXILのリフォームショップも併設していますので、水まわりのリフォームならお得にご相談していただくことができます。

詳しくは新築も・リフォームもLIXILの充実設備で安心ページへ 》

リフォームをするタイミング

お風呂が寒い、脱衣所との温度差が気になる、トイレが掃除しても臭いが取れない、床がベコベコしている等、リフォームをしようかな?と思うキッカケは様々です。
でも大抵の方は「自分がちょっと我慢すればいいか」とリフォームを思い留まってしまうもの。
この「我慢」が積み重ると「住み心地の良い家」ではなくなってしまうのです。
リフォームの目安は以下の通り。
そろそろかな?と思ったらお気軽に住まいショップまでお問い合わせください。

リフォーム時期目安表

キッチン・台所
メンテナンス・取り換え時期10~20年
不具合扉のたてつけ不良 コンロの点火不良 水漏れ など
バスルーム・お風呂・浴槽
メンテナンス・取り換え時期10~15年
不具合水栓不良 タイルのひび
パッキンの劣化 水漏れ など
トイレ・便器
メンテナンス・取り換え時期10~20年
不具合水栓不良 便器やタンクの水漏れ 破損 汚れ など
洗面所
メンテナンス・取り換え時期10~20年
不具合ガラスの破損 手洗い場の破損 水漏れ など
リビング・居室のドア
メンテナンス・取り換え時期15~20年
不具合ドアのたてつけ 破損 床のキズ など
屋根・外壁
メンテナンス・取り換え時期10~20年
不具合雨漏り ひび割れ 色落ち チョーキング
内装クロス
メンテナンス・取り換え時期10~20年
不具合雨漏り ひび割れ 色落ち チョーキング

その他間取り編でも少しお話しましたが、ライフステージによって変わるライフスタイルに応じたリフォームもあります。

まずは5年で点検を!

新築5年目になると、住まいの小さな部分の破損や汚れが目立ってきます。
早めのメンテナンスで、その後のリフォームが変わる大切な時期です。以下のようなメンテナンスを必要に応じて行いますので、まずはお近くの工務店に点検をご依頼してください。

  • ■建具のたてつけ直し
  • ■給排水管の配管クリーニング
  • ■外壁の清掃
  • ■コーキング
  • ■クロスの張替
  • ■木部の塗装